お困りごとを解決します
弁護士法人アスタスク法律事務所(弁護士は兵庫県弁護士会所属です)

Tel.078-351-2746

受付時間 09:30-17:30

平日受付(祝祭日,お盆,年末年始除く)

商工会議所のホームページを見たとお伝えを

  • ホーム
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ

商品・サービス

相続準備(事業承継など)

安心してあの世に旅立つために事前に準備すべきことはたくさんあります。例えば,「事業主の方ですと後継者の養成など事業承継準備」「遺言書作成(できれば公正証書で)」「相続税対策」「生前に財産管理能力がなくなってしまった場合に備えての財産管理契約」「負債がある場合はその処理」など。
相続の準備って,「今は考えたくない」「忙しいから後で」という理由で,なにかと後回しにされがちです。しかし,これらの準備がきちんとされていない状態であの世に旅立たれてしまいますと,残された親族は大変。遺産分割を巡って,不幸にも争いが起きてしまうことがあります。愛するご家族のためにも,ご準備をお早めにされることをおすすめいたします。また,それぞれの問題につき,一体どの専門家に相談したらよいのか迷ってしまわれることもあろうかと思います。私どもは,相続準備についてトータル的なアドバイス・コーディネイトをし,税理士・司法書士など他の専門職のご紹介もし,万全の準備をご一緒にさせていただきたいと考えております。

交通事故でおけがをされた方へ

交通事故の加害者になってしまわれた場合,自動車保険(任意保険)に加入されていれば,損害保険会社が加害者に代わって示談交渉をします。しかし,交通事故でおけがをされた場合,原則的に,被害者ご自身で,「加害者側の損害保険会社」と交渉をしなければならなくなります。知識・交渉力などに差があることもあり,「不満が残っているが示談をした」という被害者の方もいらっしゃることと思います。私どもは,これまで交通事故を多数取り扱っておりノウハウを持っています(弁護士費用特約ご利用のケースも対応させていただきます)。示談交渉を私どもに依頼されれば,煩わしい交渉をしなくてよくなりますし,また,賠償額が増えるケースも多々あります。なお,私どもは,「損害保険会社側からの案件」も受任しておりますので,加害者加入の任意保険会社(交通事故証明書に記載されているのは自賠責保険会社です)によってはご相談にお答えすることができませんので,お問い合わせの際にはまず「加害者加入の任意保険会社名」をお知らせいただきますようお願いいたします。

債権回収

「『請求書を送ったり,電話で支払の催促はしているが,なかなか支払ってくれない』ということはありませんか?」「その債権(売掛金,貸金など),時効は大丈夫ですか?」
弁護士が代理人としてついたら,相手方に対して,このままだと法的手段が講じられてしまうかもというプレッシャーをかけることができ,裁判等をする前に解決をすることもあります。
債権回収には多様な方法があり,具体的ケースごとに最適と思われる手段を提案いたします。
「『弁護士費用倒れ』になってしまう恐れがありご自身で手続きを進めた方がいいケース」については,後方支援的アドバイスをさせていただきます。

顧問契約

「日頃,弁護士に電話でちょっと聞いて相談したいことってございませんか?」「御社の売掛金管理は大丈夫ですか?」「残業代未払い問題は大丈夫ですか?」「顧問契約をしている弁護士がいらっしゃっても,『これまで滅多に相談することもなかったのに,多額の顧問契約料を支払っているなあ』と感じたことはございませんか?」
顧問契約のメリットは,「すぐに相談できる」「紛争を未然に予防することができる」「迅速な対応が期待できる」などです。
私どもは,顧問契約の内容に応じて,段階的に顧問料を設定させていただきます。
例えば,相談内容につき,①会社の業務についての相談のみなのか,②代表者様の個人的な相談も含めるのか,③従業員様の相談も含めるのか,などです。
また,「相談を超えて事件処理の依頼をされる場合の弁護士費用(着手金・報酬金)の割引をする契約にするかしないか」「御社への訪問相談(1か月1回程度)」などのバリエーションもあります。
顧問料は,1か月1万0500円~(顧問契約の内容に応じて金額は要相談)です。
お試し的に,期間3か月からお請けいたします。

法律相談

お悩みごとを解決しませんか?
「インターネットなどで調べてみたけれど,いまいちよくわからない」ということはありませんか?
幣事務所では「法律相談」を随時行っております。
お手数ですが,電話にて事前にご予約いただきますようお願いいたします。相談日時を調整させていただきます。電話番号は078-351-2746(受付・平日の午前9時30分~午後5時30分)です。
相談料は,30分あたり5250円です。

離婚

夫婦関係を清算するにあたっては,「未成年者の親権者をどうするのか」「財産分与・慰謝料をどうするのか」「自宅の処分をどうするのか」「年金分割」などいろいろ決めなければならないことがあります。
「配偶者と離婚に向けた話をしているが,相手から提示されている条件が適正なのかどうかわからない。」という場合,私どもに相談していただければ,適正かどうかのアドバイスをさせていただきます。
「もう配偶者とは口も聞きたくない」という場合,私どもに依頼されれば,「いやな配偶者」と離婚の話を直接する必要がなくなります。
「自分で交渉をしてきたが,話が全く進まない」という場合,私どもに依頼されれば,調停なども含めた場での解決を図らせていただきます(なお,調停の場には,何度かお越しいただく必要があります)。
「調停をご自身でされている」という場合,私どもに相談していただければ,今後の進め方などにつきアドバイスをさせていただきます。
なお,弁護士以外の専門職の力が必要な場合は,ご紹介させていただきます。

クレーム対応

クレームというものは,社会で何らかの事業等を行っている以上避けられないものですが,その対応を誤りますと取り返しのつかないことになってしまいます。
また,会社の方でクレームに対してきちんと対応されている場合でも,多大な時間をとられてしまい困っているということもあろうかと思います。
クレーム対応を私どもに依頼されますと,私どもが窓口となり,交渉,内容証明送付,訴訟提起などにより,無理・過大な要求に屈することなく適切に処理させていただきます。
また,「対応法のアドバイス」もさせていただきます。

お問い合わせフォームはこちら