神戸三宮のアンティークショップ
クイーンズコート

Tel.078-231-1147

受付時間 11:00-19:00

定休日:水曜日

お気軽にお問合せください。

  • ホーム
  • お知らせ
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ

商品・サービス

アンティーク家具について

イメージ

【アンティーク家具とは何?】
基本は100年以上前に作られた物であると言う事です。
但し、アール・デコ期(1915-35年)の家具は正確には100年が経過していない物が有りますが、世界的な見地からここまでの物は認めている様です。


【アンティーク家具の評価】
ヨーロッパでは過去(12世紀から20世紀初め)の様式(ゴシック・ルネッサンス・バロック・ロココ等)が有ります。
製作された年代により評価(価格)が違ってきます。
例えば、1760年頃に製作されたロココ様式と1900年頃に製作されたロココ様式で同じ様な形状であっても評価(価格)はかなり違いが有ると言う事です。
まして100年に満たない、今から40-50年前位に同じ様式で作られたアンティーク風な物だと、アンティークとも言えませんし、評価は其れなりにしか出来ないと言う事です。

アンティーク家具を楽しめるテレビドラマ”ダウントン・アビー”

イメージ

全世界を虜にしたイギリスで生まれた愛と憎しみのTVドラマ”ダウントン・アビー”
長い歴史を持つイギリス貴族の館(ハイクレア城)を使って撮影されました。荘厳なお屋敷内に在る数々の立派なアンティーク家具に囲まれて、貴族の家族、そしてその従者たちとの日々の物語が展開されてゆきます。物語の展開の面白さもさることながら、画面の背景に映り込む、見事なアンティーク達(家具・照明・小物・等)、アンティーク好きの方にとっては非常に参考になられるシーンが多く、必見だと思います。
この写真のレディースライティングビューローは番組内で伯爵夫人の役で出演されていた女優(マギー・スミス)さんが私邸のリビングで使われているのと同じデザイン、同じ時代の作品です。

なぜアンティーク家具を購入するのか?

イメージ

100年以上前に作られた物を自身が楽しめる間は愉しみ、そしてその後は、次の世代に引き継いでゆく。

そうすれば次の世代が新しく作った家具を購入しなくて済みます。
新しい家具を作るための木を伐採しなくて済みます。

地球に酸素を供給してくれている木を伐採しなくて良いと言う事は、地球環境を守る事にも繋がりますし、物を大事にする気持ちを育てる事にも繋がってゆくのではないでしょうか?

上記の様に、そう言う意識を持って判断して、長い目で見た時に、購入する時には少し高い買い物としても、次の世代以降が出費をしなくていい訳ですから、逆に安い買い物と言う事になるのでは無いでしょうか?

アンティーク家具の魅力

イメージ

日本国内では家具は用途として必要な物と言う認識でした。
しかし、ヨーロッパではインテリアの美しさを引き立たせる重要なアイテムとして考えています。
それは一番はデザインです。
家具を置いた時にどれ位お部屋が素敵に見えるかがポイントになるからです。
それに、ヨーロッパでは古くから“オーク”、“マホガニー”、“ウオールナット”等、木材の種類も魅力的な木目であったり、色目であったり、家具をより魅力的に見せられる木を使っています。現在ではもう入手不可能な木材もあり、より一層価値を高めて行くのでしょう!

当店で取り扱う商品について

イメージ

当店では、作られた当時(1800-1930年)のままの状態(オリジナル)か、出来る限りオリジナルに近いお品にこだわりを持って収集して居ります。
何故なら、塗り直しをすれば綺麗にはなりますが、アンティークを集める上で一番大事(私見ですが)と思われる、自然に時を経た家具の表面から醸し出す微妙な風合いを作る事は出来ないからです。

神戸商工だよりに掲載されました!

イメージ

神戸商工会議所発行の「神戸商工だより」2018年3月号の表紙に掲載されました!

以下、インタビュー内容。
------------------------------------
 今月の表紙は、(有)アンティークス・クイーンズコートの北井克治さん。大阪のアンティーク店に10年ほど勤めたのち、平成元年に独立。今年で創業30年を迎える。
 買付けには、北井さん自らイギリスやフランスなどへ赴く。ジャンルや年代にはこだわらず、状態が良く店の雰囲気に合うものを選んでいる。「新たに木を伐採することも石油を使うこともない。この仕事はまさに究極のエコビジネスだと思っています」と北井さん。
 アンティークという言葉が一般的になったのはここ最近の事で、生活の中に馴染んでいる人はまだまだ少ないという。「好みにぴったり合うアンティークと出会うのは難しいですが、裏を返せば宝さがしのようなもの。古くからある物を眺め、使って楽しむ。好きなもの、良いものがそばにある暮らしの仲介役になれたらうれしいですね」と目を細める。
------------------------------------

Antiques are Green アンティークス アー グリーン

イメージ

antiques are green ,この活動は2009年9月にイギリスで生まれました。全世界で活動が始まっている、カーボンオフセット。要約すれば、地球環境を今の時代を生きている人々がどのようにして次世代に繋げて行くかを考えると言う事だと思います。アンティークを購入すると言う事は新しく木を伐採して作られた家具を購入しないで済みますし、ガラスや、陶磁器を作るために窯に石炭や石油を燃料として燃やさずに済みます。過去の時代の人々が使っていた”モノ”達を修復して使える物は修復しましょう!そうする事が環境を守り、維持して行く事に繋がります。

お問い合わせフォームはこちら