神戸のアンティーク家具・照明・食器
クイーンズコート

Tel.078-231-1147

受付時間 11:00-19:00

定休日:水曜日

お気軽にお問合せください。

  • ホーム
  • お知らせ
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ

お知らせ

  • ゴシック様式(12~15世紀)イメージ北フランスで生まれたこの様式は建築に代表され、特に大聖堂建築に顕著に特徴が表れています。

    当初は寺院に集中されていましたが、やがて王宮にもこの様式の飾り窓、アーチの戸、唐草模様の彫刻が用いられるようになりま…
    お知らせ2018-09-10UP 
  • ルネッサンス様式(15世紀~16世紀)イメージイタリアのフィレンツエで生まれて、やがて西ヨーロッパへ広がっていったこの様式の言語は“再生”と言う意味合いですが、中世の王朝の服従の生活から解放されて、自然の豊かさ、美しさを表現しようとするものでありました。

    お知らせ2018-09-09UP 
  • バロック様式(17世紀~18世紀初)イメージローマで生まれたこの様式はスペイン、オランダに広がり、フランスのルイ14世時代に最盛期を迎える事になりました。

    語源は“ゆがんだ真珠”を意味するポルトガル語で、直線と曲線の構成により荘重で豪華な装飾性に富んでい…
    お知らせ2018-09-08UP 
  • ロココ様式(18世紀)イメージフランスの後期バロック様式に続いて起こった様式です。

    ヴェルサイユ宮殿の庭に作られた築山を“ロカイユ”と呼んだことから、やがてロココ装飾の主要部分に使われた、貝殻模様のモチーフを示すようになりました。
    鏡に縁…
    お知らせ2018-09-07UP 
  • ネオクラシシズム様式(18世紀中期~19世紀初期)イメージバロックやロココ様式の反動として、18世紀中期にローマで起こった芸術をネオクラシシズム(新古典様式)と呼びます。

    古代の美術や建築の見直しが行われ、単純化と古典への復帰に向かいました。直線構成の厳格な線と優美…
    お知らせ2018-09-06UP 
  • アンピール様式(1797-1815年) フランスイメージナポレオンⅠ世が帝位に就き、古代のエジプト、ギリシャ、ローマの装飾を取り入れました。
    モチーフの特徴は、スフィンクスや有翼の人物、輪を加えたライオン脚部の動物の足などが有ります。
    お知らせ2018-09-05UP 
  • リージェンシー様式(1811-20年) イギリスイメージフランス・アンピール様式の影響を受け、美しい曲線と簡潔な構成美が特徴です。

    テーブルや椅子の足の形状はサーベル状のものが多い。鷲、キマイラ(神話上の動物)がモチーフとして使われた。
    お知らせ2018-09-04UP 
  • ヴイクトリア様式(1837-1901年) イギリスイメージアンピール様式の終焉から、家具様式の混乱期に入ります。

    ヴイクトリア女王時代で、その頃は復古主義的なデザインになり、ネオゴシック・ネオバロック・ネオロココの様式を生み出しました。頑丈さと過剰な装飾が好まれま…
    お知らせ2018-09-03UP 
  • アーツアンドクラフツ様式(19世紀中期~後期)イメージ19世紀に入って、産業革命が進み、家具も機械化、分業化で量産する様になり、過去の様式の模倣が多く作られる様になりました。この様な動きに反対したのがこの様式です。

    過剰な装飾を辞め、シンプルな形や構造に重点を置…
    お知らせ2018-09-02UP 
  • アールヌーボー様式・アールデコ様式(19世紀末期~20世紀初期)イメージ【アールヌーボー様式】
    ベルギーで生まれたこの様式は装飾のすべてが植物を基本に考えています。
    直線は無く、すべて曲線で表現したのが主流になってきます。
    すぐにパリ、そしてヨーロッパ全土に広がって行きました。
    お知らせ2018-09-01UP 

お問い合わせフォームはこちら