生きものたちと距離感ゼロのふれあいを…
神戸市立須磨海浜水族園

Tel.078-731-7301

受付時間 09:00-17:00

12月~2月は水曜休み

シーズンにより夜間開園あり

  • ホーム
  • お知らせ
  • マップ・アクセス
  • 会社概要

お知らせ一覧

  • 【夏休み限定 特別企画】『海に誘う園長のバックヤードツアー』を開催!イメージ当園では、夏休み特別企画として、園長自らスマスイの裏側を案内し解説するバックヤードツアーを開催します。 今回の特別バックヤードツアーは、通常のバックヤードツアーでは入らない裏の裏まで潜入し探検しながら、海の生き物がどんなふうに自然界で生活しているのか?海の生き物はどのような進化をたどってきたのか?などを解説します。園長の話だけでなく、参加者の興味のある内容や質問によってツアーの内容も柔軟に変わります。 入園者が通常目にすることのないバックヤードは、広いけれどとても複雑で、そしてそのリッチさとレトロさがあいまって、今では希少な遺産ともいえるでしょう。自由研究にもうってつけの本企画、皆さんのご参加をお待ちしております。 お知らせ2019-07-12UP 
  • 世界で活躍する現代美術アーティスト 島袋道浩氏による作品展示「タコのための彫刻―タコは何色が好きか?イメージ当園では、国内外で高い評価を得ている神戸出身の現代美術アーティスト、島袋道浩氏によるマダコの入った水槽を使ったインスタレーション作品の展示「タコのための彫刻―タコは何色が好きか?」を期間限定で開催します。 海の中で穴に入るのを好み、石や貝殻を拾う習性があるマダコたちのために島袋氏が「彫刻」を作りました。 いろんな色で作られたガラスの玉はタコの目にとまるのでしょうか?どの色の玉を拾うのでしょうか?そしてタコはいったい何色のタコ壺が好きなのでしょうか? 常設水槽の周辺には、島袋氏の所蔵する古墳時代のタコ壺や一升瓶を利用したタコ壺なども展示されます。 この夏だけの島袋氏のユーモア溢れる世界をお楽しみください。お知らせ2019-07-11UP 
  • 企画展「海がたいへん.水族園も注目、プラスチックの行方」海洋プラスチックの問題は、水族園にとって大切な海生生物の問題です。本企画展では、身近な須磨海岸での海ごみの状況と、プラスチック問題の最新の研究成果を紹介します。また、より多くの市民から関心が得られることを期待し、自然や海への関心が高まる夏に開催することにしました。 須磨海岸でもたくさんの人々が、海をきれいにしようとごみ掃除をされています。きれいな海とは、プラスチックの浮いていない海ではないでしょうか。私たちの目的はプラスチック問題の一日も早い解決です。日本がこれまで乗り越えてきた公害問題と同じように、プラスチック対策に長い時間がかかるでしょう。少しでも早く、水族の健全な発生や育成、そして海洋生態系が保全されることを願い、この企画展を開催します。お知らせ2019-07-10UP 
  • 夏の夜は色彩豊かなスマスイに大変身!!イルカナイトライブ「彩の宵」&水槽展示「彩り金魚」イメージ当園では、2019年夏、開園時間を21時まで延長し「IRODORI×ART(イロドリアート)」と題してさまざまなアート作品とコラボレーションした色彩豊かな空間演出でお客様をお迎えします。特に日没からは園内ライトアップによってより色鮮やかなスマスイにイメージチェンジします。 毎年大好評のイルカナイトライブでは、プロジェクションマッピングによるデジタルアートと融合した大迫力のイルカパフォーマンス「彩の宵」を開催。また、エントランスホールでは、飼育員が「IRODORI」をテーマにしたアート感あふれる水槽展示にチャレンジします。また、園内各売店でもポップなカラーがかわいらしい各種ドリンクなど期間限定「IRODORI」メニューを販売します。 そのほか、新たなパフォーマンスが見どころの「イルカライブ夏バージョン」、ふれあい体験「プールの中でイルカに餌やり&タッチ」、恐竜の世界がお楽しみいただける「恐竜ランド」など昼間にお楽しみいただける夏休み限定イベントも満載です。 今年の夏は、昼から夜まで1日中イベント満載のスマスイでお楽しみください。お知らせ2019-07-09UP 
  • 企画展「夏だ!川へ遊びに行こう!」イメージ当園では、夏休みにぴったりな企画展として「川へ遊びに行こう!!」を開催します。 この企画展では身近な川で見られる生きものや、採集道具を展示し、川遊びの注意事項や魚の採り方のコツなどをパネルで分かりやすく紹介します。展示する生物は、飼育員が実際に神戸市内の川で採集した生きものです。生息域(上流、中流、下流)ごとに分けて展示しますので、とこでどんな生きものを見られるのか一目で分かります。 今年の夏は、この企画展で川での楽しい遊び方を学んでいただき、実際に川へ遊びに行って生きものを探してみてはいかがでしょうか。お知らせ2019-07-03UP 
  • 今年の夏も21時まで延長開園します!テーマは「IRODORI×ART」イメージ当園では、今年の夏も開園時間を21時まで大幅延長します。 今年の夏のテーマは、「IRODORI×ART(イロドリ×アート)」。園内各所でアート作品と光の演出を行いイロドリある幻想的な体験をお楽しみいただけます。今年は初の試みとして、三角屋根が特徴の本館外壁でのプロジェクションマッピングを実施します。また、エントランスホールではファンタジックな「光の切り絵」の投影、アマゾン館では夜のアマゾンを再現した大好評の「アマゾンナイトジャングル」を開催します。さらにイルカライブ館では大迫力の「イルカナイトライブ×プロジェクションマッピング」も開催。屋外ではイロドリあふれるイルミネーションを施し、園内のどこにいても特別な空間を堪能できます。 この夏も是非、入園料はそのままで、昼も夜も楽しめる水族園にお越しください。お知らせ2019-05-28UP 
  • 平成最後のリニューアルは、さかなライブ劇場!イメージ当園では、平成最後の水槽リニューアルとして平成31年3月23日(土曜)に、人気餌やり実演「さかなライブ」の展示内容を変更し、新たにマダコの吸盤パワーを実演とともに体験型アトラクションで解説します。 平成28年3月、奇抜な体験アトラクションを導入するなど29年ぶりに大規模リニューアルを実施した「さかなライブ」ですが、この度さらなる魅力向上を目指し、早々に展示種を「カンディル」から「マダコ」に変更します。 マダコの寿命は約1~2年と短いにも関わらず、無脊椎動物では考えられない知能の高さを持つと考えられており、その知能をフル活用した捕食行動をご覧いただきます。また、「お客様が餌になる」体験については、マダコの持つ「吸盤」にスポットを当て、その吸いつきの強さを体験していただく内容となっております。 平成最後のリニューアルにあたり、担当飼育員が練りに練った渾身の出来栄えだと自負するものですお知らせ2019-03-13UP 
  • 『世界のペンギン足型コレクション「ペタ、ペタ、ペタ」』開催!イメージ須磨海浜水族園、海遊館(所在地:大阪市港区、館長:西田清徳)、京都水族館(所在地:京都市下京区、館長:下村 実)は、2019年4月6日(土曜)から2020年3月31日(火曜)の期間、3つの水族館を巡り世界に生息する全18種のペンギンの足型スタンプを集める『世界のペンギン足型コレクション「ペタ、ペタ、ペタ」』(以下、本イベント)を実施します。ペンギン全種のリアルな足型を集めることができるスタンプコレクションは、世界でも非常に珍しい取り組みです。 本イベントは、関西の3つの水族館が連携することで、生きものの魅力を通し、より自然環境への関心や生物の多様性を感じていただきたいという思いから始まりました。初共同開催となる今回は、3園館ともに飼育展示している「ペンギン」にフォーカスしたイベントを開催します。世界に生息する全18種類のペンギンを通して、生きものを知る楽しさを感じていただける企画です。本イベントで使用する冊子は、各園館の飼育スタッフが、デザイン、内容、解説全てをオリジナルで制作しました。また、足型スタンプも飼育スタッフが実際にペンギンの生体や標本から採取したものです。お知らせ2019-03-07UP 
  • 貸し切り水族園~もっとスマスイを満喫する~イメージ閉園後を対象に貸し切り水族園を営業します。研修会やシンポジウム、法人様の福利厚生や記念行事、各種団体様のパーティ利用など多様な用途にご利用いただけます。 ◆利用可能日◆ 夜間営業日(GW、夏休み期間)と、休園日(12月~2月の水曜日、工事休園平成30年12月3日~4日)を除く全日 ※原則、1日1団体のみの利用となります(予約順) ※一部、完全な貸切とならない場合がございます。 ◆利用時間◆ 閉園後17時~22時まで ※基本利用時間は2時間となります。(延長利用可、有料) ◆基本使用料◆ 100名様まで、本館貸し切り 基本2時間 ¥200,000(税別) 100名様まで、全園貸し切り 基本2時間 ¥500,000(税別) ※100名様を超える場合は、1名様につき¥500(税別)の追加料金となります。 ※基本料金には、光熱水費(空調含む)、警備費を含みます。 ◆ご飲食◆ お客様のご要望に応じたケータリング・サービスをご提案いたします。(要相談)お知らせ2018-10-01UP