神戸須磨の建築設計事務所
一級建築士事務所haus

Tel.078-739-6116

受付時間 09:30-18:00

平日受付(休み:日祝祭日)

お気軽にお問い合わせ下さい。

  • ホーム
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ

商品・サービス

haus-cros

イメージ

建設地:兵庫県赤穂市
十字のガラスフレームが印象的なデザインの『haus-cros』お洒落なカフェや器・インテリアがお好きな奥様からは和と洋の絶妙なバランスのBOX型中庭住宅をリクエストされました。
広いデッキテラスとドックランも兼ねた芝スペースのある中庭は、玄関からも見通せてリビングとは大きな開口部と連なる透明ガラスで完全プライベートな広がりのある空間を演出してくれます。
より見通しが利くよう階段の側桁は、華奢なフレームで構成し、要望されたインテリアの雰囲気づくりにも一役買っています。
キッチンの上にあるロフトのような部屋は、リビングで眠る愛犬を見守るためのもので、ダイナミックなタモ貼りの高天井がリビングから続き、その吹き抜けた空間にある化粧梁に設けたルーバーの床は、和のテイストを感じさせ、高い位置の窓ガラスから日よけとメンテナンスの際にも役立ちます。
抜群の開放性とプライバシー、木の温もりを存分に味わえて愛犬と楽しく暮らせる住宅となっています。

haus-agit

イメージ

建設地:兵庫県神戸市垂水区
接道がなくインフラ整備も不十分な敷地。
それでもクライアントは人里離れた場所であること、眺めの良い高台であることに魅力を感じ計画がスタートしました。
その敷地までのアプローチや環境が醸し出す雰囲気とそれに相応しいファサードの建物であることから『agit』(アジト)と命名しました。
内部は、2種のリビングがあり、主に活動のための2ndリビングはより良い眺望を得るために床を上げ、そのまま2階に上がるための動線としても利用。リビングと個室をつなぐ役割も果たします。
そして2階の子供室は将来分割用として3つの引き戸があり、リビングとの間にあるダイナミックなウォルナットの壁開口とそのドアとの階層による透け感が爽快で、段差による距離感も楽しい空間デザインとなっています。

haus-flow

イメージ

建設地:兵庫県姫路市
クライアント自ら希望された平屋建ての住宅。
道路側に傾斜した片流れ屋根のシンプルな台形型のその建物形状から『flow』(流れ)と命名しました。
その形状による低い軒先と余裕のあるレイアウトは、狭い前面道路と密集している近隣の門塀による圧迫感を和らげ、地域のオアシス的な役割を担うことでしょう。
また閉鎖的な外観の内側には2つの中庭を設け、外部からは想像できないほどの採光と通風、プライバシーを確保しています。
広いリビングは、道路から一番奥に配し、屋根勾配に沿って天井を高く設定、さらに中庭に面しているため、お祭りなどで人が集まる際にも対応できる、面積以上の開放性を有しています。

haus-bent

イメージ

建設地:兵庫県加古郡播磨町
『敷地は住宅地の一角にあり、北西に2方向の道路がある。また南東には住宅が接近して建てられておりプライバシーはどの方角も期待できなかった。
そこに程よくプライバシーを保ちながら明るく快適に生活できるよう、北側にライトコートとなる小さな中庭を設け、それを取り囲むように各室を配置。
平面的に少しだけ折り曲げて取り囲むと全てが見渡せ、視覚的にも楽しい空間に。bentとはこの少し折れ曲がった様を表しています。
シンプルな外観とは異なり、いつもリビングに集い過ごす3人家族のためのほのぼの住宅です。』

haus-wave

イメージ

建設地:大阪府大阪市港区
『住宅密集地における木造3階建ての建替え。周囲は建物で囲まれ南側はさらに共同住宅により閉ざされている環境。唯一開放的な方向からの光を効果的に得るため外壁を湾曲させ、押し寄せる波のような外観に。北側にあるその湾曲した外壁の内側はライトコートとし、南側からの明るさを室内へ反射すると同時にプライバシーも保つ役割を担っています。
2階のリビングを中心に至るところに小技と知恵と施主の遊び心が詰まった住宅です。』

haus-wrap

イメージ

建設地:兵庫県神戸市西区
『黒く大きな塊のように見える外観からは想像できないほど内部には豊かな中庭があり、室内空間はその中庭を包み込むようコ形に配置。それは完璧にプライバシーを保ち、明るく快適な居住空間を生み出してくれます。また内装では、天井の高い部分とそうではない部分を混合させ、その時々で家族がくつろげる場所をいくつか用意したにもかかわらず、中庭を会して家族の気配はどこに居ても感じられます。そんな家族思いの、家族の想いをも包み込む住宅となりました。』

haus-vila

イメージ

建設地:兵庫県姫路市
『成長期を向かえる子供たちは家以外での活動が忙しいため家ではゆっくりくつろぎたい、との想いから、外との仕切りとして許される範囲に囲い壁を設け内側の空間を中庭として閉じられた中に開放的な空間を設置。次いでその中庭を挟み現実と非現実の動線分けを行い、家に居ながらくつろぎの現実空間と癒しの非現実空間を設けています。子供たちの夢を現実に育むために考えられた住宅です。』

haus-ubud

イメージ

建設地:兵庫県姫路市
『『ubud』とはバリ島文化の中心地名。バリリゾートのような癒しのある暮らしを求められ、バリ文化の象徴でもある三角形の大屋根を持つその形状から『haus-ubud』と名づけました。その圧倒的なスケールの大屋根は形状意匠によるものだけでなく、スコールや陽射しを遮り熱帯地域で快適に過ごすための知恵、として拝借したもの。またこだわり抜いた素材を使用した内外装でもリゾート感を演出しており日本とバリの文化が融合した住宅となっています。』 

お問い合わせフォームはこちら